「スピリチュアル」にも大きく2つあるのです

昨日、今日とFacebookに友達限定で呟いてました。

簡単に言えば「スピリチュアル」という言葉で一括りにされてるモノへの呟き。私の中ではレジャーとしての「楽しいスピリチュアル」と「真理の追求」というスピリチュアルに大きく2つに分かれると思ってます。

どちらも正解。どちらを選ぶのも本人次第。

たぶん中途半端が一番マズイんじゃないかな?

楽しい「だけ」のなんちゃってスピリチュアルならまだマシ。中途半端なのに何気に触ってしまうのが一番マズイ。

レイキを受けましたと言いながら、全然開いてないのはまだ良いけど、中途半端に回路が開いちゃってるのにケア出来てなくて、エネルギーが混乱してしまうのは危険。

私は開けるなら、その人がその体質で無事に最後まで生き通せる生き方まで、一生掛けて指導する責任があると思ってます。

その「覚悟」が無い、あるいは中途半端なのにマスターとか伝授とか言うんじゃないよ、とも思ってます。(←ココかなり実感がこもってるかもw)

遊びでやる分には、楽しければ良いと思ってますよ。

楽しいスピリチュアルが入口になって、真理の探究のが始まるケースも多々あるのだし。

最後まで責任持って尻ぬぐいするつもり覚悟無しに、中途半端にエネルギーを動かすのが一番危険だな〜。

手に負えない時に相談できたり、投げられるような、信頼できる人を確保しておけるなら問題無いのだけど。

あるいは「無知の知」と言いますが、理解ってない事を、ちゃんと理解ってないと理解できているのなら何とかなるのかも。

一番怖いのは「分かってるつもり」。

観える聴こえるetc.という能力に惑わされて、分かってるつもりに陥るのも危険。

むしろ何も見えない聞こえない感じない分からない、という人の方が素直に通じている事も。

通じるのに重要なのは第6、第7チャクラよりも第4チャクラ。

能力よりもハート。

写真は今日、仕事で伺ったお店の猫ちゃん♪ご高齢みたいでしたが、なかなか良い目をしてました。

子どもの頃から「どうして猫に生まれなかったのかな?」と思ってたのを思い出したりして。

猫に生まれてたらこんな文章も書けないし、何か意味があって選択したのでしょうね。

でも次に生まれ変われるなら猫が良いな〜。良い飼い主さんに恵まれた幸せな猫。

仕事が溜まり過ぎててちょっと現実逃避モード。

さて頑張ろ。

Short URL: http://bit.ly/2IAHJ7J
QR:

コメント